Home > GetStart > Build

ベクトルドロー・レベルゼロ

FreeCADをビルドする

新規作成日 2015-11-13
最終更新日

ビルド

開発や改良に関与しない限りほとんど必要ないと思います。Visual Studioでのライブラリへのパスの設定が躓きやすいポイントです。

ここでは、Windows環境でのやり方についてのみ説明しています。他のプラットホームの場合については、他のサイトを参考にしてください。

FreeCADのビルド環境の構築 for Windows

Buildに必要なアプリケーションをインストールします。

Gitでソースコードを取得します。

ソースコードは、Gitで公開されているので、リモートリポジトリから、ローカルリポジトリにコピーします。

cMakeでメイクします。

Gitでソースコードを入手したら、cMakeを実行します。フォルダの指定場所を勘違いしやすいので注意が必要です。 一度「Configue」した後、「FREECAD_LIBPACK_DIR」に「FreeCADLibs」のパスを指定し、再び、「Configue」を実行します。 成功したら、「Generate」をして完了です。 ワーニングが出ています。内容は理解できていません。

※FreeCAD V0.15での操作の記録のため、他のバージョンでは参考にならない可能性があります。

FreeCAD V0.15 をビルドします for Windows

参考サイト

Windows上でのビルド(実験記録)(外部サイト)

CompileOnWindows/jp (外部サイト)

Building FreeCAD from source on Windows (外部サイト)

Building FreeCAD on Windows (外部サイト)

Compile on Windows with VS2013 (外部サイト)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home GetStart Function Tutorial

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」