Home > GetStart > Build

ベクトルドロー・レベルゼロ

FreeCADをメイクします for Windows

新規作成日 2015-01-18
最終更新日

FreeCADをビルドする

このページでは、cMakeでのメイクについての説明です。

cMakeを起動します

cMakeのアイコンをクリックして起動します。

スタートウィンドウのアイコンをクリックして起動します。

起動します。

起動しました。

フォルダを指定します

フォルダを指定します

Where is the source code.

ソースファイルフォルダを指定します。

Where is build the binaries.

ビルドされたバイナリを保存するフォルダを指定します。
フォルダ構成

ソースファイルには、Gitで取得したローカルリポジトリの一番上のフォルダの「code」フォルダを指定しました。 ビルドされたバイナリを保存するフォルダは、わかりやすい場所にフォルダ(myBuild)を作成して指定しました。 ビルドを失敗した時のファイルは、手動で削除しています。

フォルダを指定しました。

フォルダを指定しました。

Configueボタンを押します。

フォルダを指定したら、Configueボタンを押します。

タイトル

Visual Studio 12 2013 Win64 を選択してFinishを選択します。

Visual Studio 12 2013 Win64 を選択してFinishを選択します。

アラートが表示されます

アラートが表示されます。

完了します

完了します

ワーニングがたくさん出ますが完了しました。

FreeCADLibsのパスを指定します。

FreeCADLibsのパスを指定します。

あらかじめ、ダウンロードして展開しておいたFreeCADLibsのパスを指定します。

FreeCADLibsのパスを指定します。

FREECAD_LIBPACK_DIRにFreeCADLibsのパスを指定します。

Configueボタンを押します。

パスを指定したら、Configueボタンを押します。

終了しました。

終了しました。

ワーニングを確認します。

CMake Warning (dev) at CMakeLists.txt:48 (if):

Policy CMP0054 is not set: Only interpret if() arguments as variables or keywords when unquoted. Run "cmake --help-policy CMP0054" for policy details. Use the cmake_policy command to set the policy and suppress this warning.

Quoted variables like "MSVC" will no longer be dereferenced when the policy is set to NEW. Since the policy is not set the OLD behavior will be used. This warning is for project developers. Use -Wno-dev to suppress it.

さっぱりわかりません。

Configueボタンを押します。

Generateボタンを押します。

完了です

一番したの行に「Generating done」と表示されているので成功したようです。

ビルドフォルダ内を確認して見ます。

フォルダ内を確認して見ます。

実行ファイルやbinフォルダはありません。Visual Studioでのビルドに続きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home GetStart Function Tutorial

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」