Home > GetStart > 設定 > ワークベンチの追加

ベクトルドロー・レベルゼロ

FreeCADに追加のワークベンチを導入する

新規作成日 2015-11-13
最終更新日

無料で利用できるオープンソースの3D-CAD、FreeCADには、ワークベンチと呼ばれるツールアイコンセットがあります。それぞれのワークベンチは、特定の目的に使用するコマンドボタンで構成されています。FreeCADの機能拡張は、マクロとマクロの集合体であるワークベンチで行うことができます。

FreeCADには、すでに多くのワークベンチが存在しています。標準で用意されているワークベンチ以外の機能を利用するためには、追加で、ワークベンチをインストールする必要があります。

ワークベンチを追加する方法

ワークベンチを追加するには、2つの方法があります。

  1. ワープベンチのパッケージを解凍しModフォルダに入れる方法

    ワープベンチのパッケージを取得し、解凍したフォルダを、FreeCADがインストールされたフォルダ内のModフォルダに入れます。

    FreeCADをインストールするとワークベンチが追加されています。

  2. アドオン・インストーラーマクロ(addons_installer.FCMacro)を使用する方法

アドオン・インストーラーマクロ(addons_installer.FCMacro)を使用するとワークベンチのインストールや管理が楽になるのでおすすめです。

アドオン・インストーラーを登録する

アドオンインストーラー

FreeCADの追加のワークベンチをインストールしたり、バージョン管理するのは、かなり面倒です。 アドオン・インストーラーマクロを使用するとその作業を軽減することができます。

ワークベンチの紹介

FreeCADには、すでにかなりの数のワークベンチが存在します。ドキュメントが貧弱なものも多いので、どうやって使ったらいいのか理解できないものも多くあります。

ここでは、その一部を紹介しています。

Assembly2ワークベンチを登録する

Assembly2

Assembly2ワークベンチは、FreeCADに標準で導入されないワークベンチの1つです。そのため、自分で、FreeCADに登録する必要があります。

操作は、Assembly2ワークベンチを入手し、そのフォルダを、インストールしたFreeCADフォルダのModフォルダに格納するだけです。

Sheetmetal(板金)ワークベンチを登録する

Sheetmetal

FreeCADに標準で導入されないワークベンチなので、使うための準備が必要です。

ファイルをダウンロードしたのち、ファイルを解凍します。MODフォルダ内にSheetmetalフォルダを作成し、その中に、ファイルを入れておく必要があります。

Drawing Dimensioningワークベンチを登録する

FreeCADのDraftワークベンチでは、寸法線を引くことができません。寸法を記入するには、ワークベンチを追加します。

Drawing Dimensioningワークベンチ

Fastenersワークベンチを登録する

Fastenersツールバー

各種形状のネジを作成するためのワークベンチです。

参考:Fasteners workbench for FreeCAD(外部サイト)

FreeCADのアドイン、プラグイン・ローダーをインストールする

FreeCADのアドイン、プラグイン・ローダー

プラグインローダーアドオンは、追加のワークベンチの管理をしてくれるアドインのようですが、 設定ファイルのパスの設定を変更する必要があるようで、ワークベンチのリストが、表示されません。

インストールの途中までは行えているようなので、このつづきが解明できる方のために、途中までのインストール操作を記録しておきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home GetStart Function Tutorial

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」