Home > tutorial > 簡単な形状

ベクトルドロー・レベルゼロ

FreeCAD 0.17[11740]で、簡単な形状をモデリングする037-05

新規作成日 2017-08-09
最終更新日

簡単な形状をたくさんモデリングすることで、FreeCADを使ったモデリングに慣れていきましょう。

037-05

簡単な形状をモデリングします。

最新機械製図 林洋次 p029

この形状は、0.16[5144]でモデリングしたとき、スケッチを押し出す際エラーで実行できませんでした。今回、その点に注意してモデリングを行います。

簡単な形状のモデリング037-05[FreeCAD]

037-05 モデルデータ

モデリング

FreeCAD 0.17-11740

モデリングに使用したFreeCADのバージョン

新しいドキュメントを新規作成します。

新しいドキュメントを新規作成します。

ワークベンチを「Part Design」に変更します。

ワークベンチを「Part Design」に変更します。

0.17の途中から、「Part Design」では、「ボディ」と「パーツ」の概念が導入されています。「ボディ」と「パーツ」のそれぞれが何を示しているのかはわかりません。

0.17の途中から、「Part Design」では、「ボディ」と「パーツ」の概念が導入されています。「ボディ」と「パーツ」のそれぞれが何を示しているのかはわかりません。

スケッチを作成します。

スケッチを作成します。

モデルツリーでは、ボディが作成され、その中に原点が作成されます。

モデルツリーでは、ボディが作成され、その中に原点が作成されます。

スケッチ平面を指定します。FreeCADでは、xz平面が正面になるためyz平面を指定します。

スケッチ平面を指定します。FreeCADでは、xz平面が正面になるためyz平面を指定します。

スケッチを描きます。完全拘束になるとスケッチの線が緑になります。

スケッチを描きます。完全拘束になるとスケッチの線が緑になります。

「Close」をクリックしてスケッチを終了します。

「Close」をクリックしてスケッチを終了します。

ビューの向きを変更します。

ビューの向きを変更します。

スケッチの向きが変わります。

スケッチの向きが変わります。

押し出しを選択します。

押し出しを選択します。

8押し出します。

8押し出します。

面を選択して、スケッチを作成します。

面を選択して、スケッチを作成します。

スケッチします。

スケッチします。

12押し出します。

12押し出し押し出します。

面を選択してスケッチします。

面を選択してスケッチします。

「外部形状にリンクするエッジを作成」を選択します。

「外部形状にリンクするエッジを作成」を選択します。

スケッチで使用する稜線を選択します。

スケッチで使用する稜線を選択します。

スケッチを描きます。線の重ね合わせ順位が変更されてようです。スケッチの線が上に表示され見やすくなっています。

スケッチを描きます。線の重ね合わせ順位が変更されてようです。スケッチの線が上に表示され見やすくなっています。

押し出します。前回、0.16でモデリングした際は、エラーが発生し押し出すことができませんできたが、きちんと押し出せるようになっています。

押し出します。前回、0.16でモデリングした際は、エラーが発生し押し出すことができませんできたが、きちんと押し出せるようになっています。

面を選択してスケッチします。

面を選択してスケッチします。

スケッチします。

スケッチします。

ポケットを選択します。

ポケットを選択します。

貫通で穴を開けます。ユーザーインターフェイスがかなり改善されています。エラーが発生しません。感動です。

貫通で穴を開けます。ユーザーインターフェイスがかなり改善されています。エラーが発生しません。感動です。

フィレットを追加する稜線を選択しフィレットを選択します。

フィレットを追加する稜線を選択しフィレットを選択します。

半径を指定して、OKをクリックします。

半径を指定して、OKをクリックします。

フィレットを追加したい稜線を選択し、フィレットを選択します。この位置の稜線の選択は、難しいのでいろいろ試行錯誤してください。

フィレットを追加したい稜線を選択し、フィレットを選択します。この位置の稜線の選択は、難しいのでいろいろ試行錯誤してください。

半径を指定してOKをクリックします。

半径を指定してOKをクリックします。

現在のバージョンでは、複数の形状で構成されていと、ミラーが使えません。その為、「Draft」ワークベンチに移動します。

現在のバージョンでは、複数の形状で構成されていと、ミラーが使えません。その為、「Draft」ワークベンチに移動します。

コンボビューでモデルを選択します。

コンボビューでモデルを選択します。

クローンを選択します。

クローンを選択します。

クローンが作成されています。

クローンが作成されています。

データタブでパラメーターを変更し、反転させます。

データタブでパラメーターを変更し、反転させます。

Draftグリッドが表示されたので、グリッドを非表示にします。Draft→Utility→グリッド切り替えを選択します。

Draftグリッドが表示されたので、グリッドを非表示にします。Draft→Utility→グリッド切り替えを選択します。

Part Designワークベンチに変更します。

Part Designワークベンチに変更します。

面を選択し、スケッチを作成します。

面を選択し、スケッチを作成します。

スケッチします。

スケッチします。

ポケットで穴を開けます。

ポケットで穴を開けます。

貫通で、穴を開けます。

貫通で、穴を開けます。

037-05

完成です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home GetStart Function Tutorial

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」