Home > 機能 > スクリプト > 操作

ベクトルドロー・レベルゼロ

FreeCADのPythonスクリプトを使用する

新規作成日 2015-05-27
最終更新日

概要

FreeCADのコマンド操作をPythonスクリプトとして記録します

操作

マクロツールバー
マクロツールバーは、標準で表示されています。
記録ボタン
記録ボタンを押します。
マクロの記録ダイアログ
マクロの記録ダイアログが表示されます。保存するマクロ名を入力します。ここでは、test01と入力しました。記録をクリックします。
新規スケッチを作成します。
新規スケッチを作成します。
スケッチ平面を指定します
スケッチ平面を指定します
円を作成します
原点を中心に円を作成します。
半径拘束をかけます
円を指定して、半径拘束をかけます
半径を指定します
半径を指定します
スクリプトの記録を終了します
スクリプトの記録を終了します
マクロダイアログボックスを開きます
マクロダイアログボックスを開きます
記録したマクロを選択し、編集をクリックします。
記録したマクロを選択し、編集をクリックします。
エディタウィンドウが開き、記録したマクロが表示されます。
エディタウィンドウが開き、記録したマクロが表示されます。

公式ドキュメント

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home GetStart Function Tutorial

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」