Home > 機能 > 製図 > スナップ

ベクトルドロー・レベルゼロ

Snapツール

概要

2D図面を描画する際に利用するスナップ機能の有効・無効を切り替える機能です。 ご使用のパソコンの能力が不足するとマウス動作が遅くなります。目的に合わせて有効・無効を切り替えて利用しましょう。
V0.14では、接線は無いようです。

Draft Snapツール

中点(Midpoint)

Midpoint
線分と円弧の中点にスナップします

垂線(Perpendicular)

Perpendicular
線分と円弧上の垂直な点にスナップします

グリッド(Grid)

Grid
表示されている場合、図形描画グリッドのノードにスナップします。

交点(Intersection)

Intersection
2本の線または円弧線分の交点

平行(Parallel)

Parallel
線分と平行な想像上の線。

端点(Endpoint)

Endpoint
線分、円弧、スプラインの端点

角度(4分円点)(Angle)

Angle
円と円弧の特別な主要点(45°と90°の)

中心(Center)

Center
円弧と円の中心点

延長(仮想交点)(Extension)

Extension
想像上の線で延長された線分の端点

近傍点(Near)

Near
最も近いオブジェクトの最も近い点

垂直(極トラッキング?)(Ortho)

Ortho
最後の点と0°、45°と90°で延長された想像上の線と交差する点

寸法(Dimensions)

Dimensions

作業平面の制限(Restrict to working plane)

Restrict to working plane
たとえあなたが、その作業平面の外の点をスナップするとしても、常に、スナップされた点を現在の作業平面に配置します。

固定(Lock)

Lock
スナップ全体のon/offを変更します

公式ドキュメント

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home GetStart Function Tutorial

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」