Home > 機能 > Part Design

ベクトルドロー・レベルゼロ

Part Designワークベンチを使ってモデリングする流れ

新規作成日 2017-08-26
最終更新日

立体形状を作成するためには、Part Designワークベンチから始めるのがおすすめです。一般にソリッドモデリングと呼ばれるモデリングができます

。Part Designワークベンチで、モデリングすると、操作ごとの履歴が作成され、後から、そのパラメーターを変更することで形状が修正できるパラメトリックモデリングと呼ばれる方式のモデルデータが作成されます。

ツールバーの起動時には、Startワークベンチが選択されています。Part Designワークベンチに切り替えるには、ワークベンチ・ドロップダウンから、Part Designを選択します。

ツールバーの起動時には、Startワークベンチが選択されています。Part Designワークベンチに切り替えるには、ワークベンチ・ドロップダウンから、Part Designを選択します。

Part Designを選択するとワークベンチが切り替わります。ツールバーが変化したことに気がつくと思います。

Part Designを選択するとワークベンチが切り替わります。ツールバーが変化したことに気がつくと思います。

「新規ドキュメント」のツールボタン

モデリングを開始するためには、「新しいドキュメント」を作成する必要があります。モデルは、ドキュメント内でモデリングします。「新規ドキュメント」のツールボタンをクリックします。

新しいドキュメントが作成されると新しいドキュメントを示すタブが表示されます。

新しいドキュメントが作成されると新しいドキュメントを示すタブが表示されます。

モデリングする対象を「ボディ」や「パーツ」の中にモデリングする必要があります。

Part Designワークベンチでは、プロファイルと呼ばれる閉じたスケッチの軌跡を利用して立体を定義します。その為、まず、スケッチを 作成する必要があります。FreeCAD 0.17_pre版の途中から、「ボディ」と「パーツ」という概念が導入されました。モデリングする対象を「ボディ」や「パーツ」の中にモデリングする必要があります。

しかし、現状、それほど気にする必要はありません。スケッチを作成すると

しかし、現状、それほど気にする必要はありません。スケッチを作成すると

Bodyが作成され、その中にスケッチが作成されます。

Bodyが作成され、その中にスケッチが作成されます。

「スケッチを作成」をクリックすると、スケッチ平面を指定する必要があります。スケッチ平面の作成画面で、基準平面のオフセット平面を作成する機能が削除されてしまいました。

「スケッチを作成」をクリックすると、スケッチ平面を指定する必要があります。スケッチ平面の作成画面で、基準平面のオフセット平面を作成する機能が削除されてしまいました。

スケッチ平面を咲く際する際に、ビューの方向を「不等角投影ビュー」に変更すると、

スケッチ平面を咲く際する際に、ビューの方向を「不等角投影ビュー」に変更すると、

指定した平面の位置関係がわかりやすくなります。

指定した平面の位置関係がわかりやすくなります。

スケッチを作成し、

スケッチを作成し、

スケッチを閉じます。

スケッチを閉じます。

スケッチを押し出す

作成したスケッチを、押し出したり、回転したりした立体を作成します。

Part Designワークベンチの機能に付いて参考になるサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home GetStart Function Tutorial

Copyright (C) 2011 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」