Home > 機能 > Sketcher > 拘束 > 対称拘束

ベクトルドロー・レベルゼロ

FreeCADの対称拘束ツール

新規作成日 2018-06-22
最終更新日

FreeCADで、スケッチを行なう際、対称拘束を指定する方法について説明します。

対称拘束は、線に対して対称に2点、あるいは、点に対して、対称に2点を拘束します。

対称拘束の指定方法

現状[V0.18.13971]では、対称拘束ツールを選択してから、対称拘束対象を選択する場合と対称拘束対象を選択してから、対称拘束ツールを選択する場合では、対称拘束対象の選択順序が異なります。

最初に、対称拘束ツールを選択する方法

対称拘束ツールを選択します。

対称拘束ツールを選択します。

端点、中心点、もう1つの端点の順に指定します。

端点、中心点、もう1つの端点の順に指定します。[V0.18.13971]

※このあと説明する「最初に点を選択する方法」と選択順序が異なるので、今後、選択順序が変更される可能性があります。

中心に配置されます。

中心に配置されます。

最初に点を選択する方法

両端点、中心の順に指定します。

最初に点を指定します。複数の点を指定するので、Crtlキーを押しながら選択してください。

両端点、中心の順に指定します。

先程の「最初に、対象拘束ツールを選択する方法」と選択順序が異なることに注意して下さい。

対称拘束ツールを選択します。

対称拘束ツールを選択します。

結果は、同じです。

結果は、同じです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Home GetStart Function Tutorial

Copyright (C) 2011-2015 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」